商品をイチから作るってどんなん??

商品をイチから作るってどんなん??

今日は愛され商品を「イチから作る」ってことについて。

みんなが想像してる通り、

単純にイチから作るだけなんですがww

ただ、ハンドメイドなら当然のこととして理解できますが、

大量生産する商品をイチから作るってなかなか無いですよね。

 

もちろん、パッケージやネームタグを変えるとか、

既存の商品に刻印するなどのOEMとは別世界の話です。

 

当然、需要のある商品かどうか?

のマーケティングから必要になりますし、

簡単な図面を引く必要性もでてきます。

 

え!?そんな難しいことできない!って

思うかもしれませんがノープロブレム^^

今まで何名もの生徒さんに同じような事を経験して貰ったのですが、

商品化までたどりつけなかった方はゼロ~です。
※簡単に作れる手法もお伝えしてます。

その時は大変に感じるようですが、
自分の実力がアップしたことを実感できるので、
みんな頑張って良かったと言ってくれます。

で、その後の第2弾、第3弾と愛され商品を作るときは

コツを掴んでるので、一人でもスイスイ進めるようになってます。

普通に我々のような一般ピーポーでも、
個人で商品を企画、制作、販売するって事が

当たり前にやれる時代なんですよね~。

だからこそ、自分ブランドとかオリジナルブランドを育ててビジネスをしたい方は、

転売、簡易OEM、展示会の商品を販売するだけではなく、

愛され商品をイチから作るってことに注目すべきですね!!!

愛され商品は、好きなモノを作るのではなく、
売れるものを作る。

愛され商品は、個人で商品をイチから作るのですが、
実際に作り始めると企画の段階で結構迷います。

そして、ここで陥りがちなNGパターンが、
「自分の売りたい商品を作る」です。

自分で商品企画するため、
どうしても好きなモノに偏りがちになるんですよね~。

気持ちは良くわかる!w

そして悪いことに、あまりマーケティングにチカラを入れなくても、販売力さえあればある程度は売れるんです。

だから余計たちが悪いだけど^^;

愛され商品を趣味にしちゃうのは良くないんですよ。
ビジネスなのでまずは売れることが前提条件になります。

だからこそ商品力は絶対に必要。

同じ販売力なら売れる商品のほうが、
楽にたくさん売れるのは誰でもわかる事ですよね。

愛され商品を作るときは、
まず売れる商品かどうかをしっかり見定めましょう。
※見定める方法はコンサル内でレクチャーしてます。

愛され商品をイチから作る際の重要ポイントです!

商品が出来上がるまでの工程を覚える

実際に作る商品が決まったとしても、
どこに何をお願いすればいいの??って普通はなりますよね~。

簡易OEMは輸入代行会社にお願いしたりするのが一般的だったりしますが、愛され商品はそういう訳にいきません。

イチから作らなければいけないので、
材質決め、価格交渉、納品、検品方法などなど、
覚えるべき大事なことがたくさんあります。

例えば、図面に間違いがあったらどうなると思います?
間違ったまま1000個出来上がってくるんです!
カオスです!w

何も分からないままでいたら、
売り物にならない商品が1000個届きます。

当然ですが作るために資金を投入してますよね。
その資金がゴミに代わる可能性があるんです。

ヤバいっしょ!?

でも、こういうミスが無くなるためには何をする必要があるのか?
ミスが起きてしまった場合はどう対処するのか?を知っていれば怖くありません。

かなり面倒に感じるかもしれませんが、
自分で商品をイチから作るのであれば、そういった実務的なことを覚えましょう。

はじめは大変に感じるかもしれません。

だからこそ愛され商品をつくる工程すべてを覚えてしまったら簡単に真似はできないし最強になります!!