単純転売も長く続くわけはない

この状況も長く続くわけはない

牧です。

単純に中国のサイトにある商品を
輸入して販売する「中国輸入」で
稼げていたなかで、

『この状況も長く続くわけはない』

と危機感を感じていた私は、
簡易OEMにチャレンジしました。

誰か教えてくれる人がいて
始めたわけではなく、

独学ではじめたので、
それはもうたくさん失敗しました^_^;

軽くて笑える失敗から、
いまでも思い出しただけで
気分が悪くなるくらい重いものまで、

失敗ネタだけで二泊三日の
合宿セミナーができるくらいです。

(あ、いま思ったけど合宿までしなくても、
需要あるならセミナーやっても良いですね。
失敗からは学びが多いので、助かる人も多いはず)

話を戻すと、
そういった多くの失敗と
その失敗からの学び。

そして失敗からのリカバリーや
転売ではなく商品を作る経験は、
本当に私の物販に対する考え方や
思いを変えてくれました。

そうです。

簡易OEMでのすべての経験が、
いま私が注力している

「愛され商品をイチから作る」

につながっています。

あ、でも転売がダメ
というわけではないですよ。

初心者がビジネスを学び、
ファーストキャッシュを得るには
ピッタリな素晴らしいビジネスです。

ただ、転売は商品への愛着の
「あるなし」に関係なく、

リサーチによって抽出された商品を
仕入れて売る。

それだけなんで簡単に利益はとれますが、
売れても「儲かった」だけで、

感情が揺さぶられるほどの
興奮を感じたことは
ほぼありませんでした。

あ、でも転売を始めたばかりの頃は
全てが新鮮なので、単純作業も
楽しいんですよね。

いまでは面倒に感じてしまう梱包ですら、
楽しく感じたこともありました^_^

初めは楽しく感じる作業も
数ヶ月、1年とやっていくうちに
少しずつ楽しさは薄れていきます。

楽しくもない作業を
一人で何年間も継続するのは至難の業。

結局嫌になってしまい、
次の稼げるネタはないか??

と情報収集にお金と時間を注ぎ、
終わりなきネタ探しの旅に出て行きます。

本来なら同じことを続けることで
他者が追い付けないステージに
行くことで安定に繋がる。

ですが、それをすることを捨てて
あえて厳しい路線を選択することになる。

そしてそこに情熱はない・・・。
これじゃ続くわけがないですよね。

でもね、愛され商品は違うんです。
何を隠そう作る前から楽しいんです!

もちろん「売れる商品を作る」こと
が大前提なのですが、
何なら売れなくてもマジで楽しいですww

そこには転売を始めた頃と同じように

「初めての経験」

というフィルターがかかるので
楽しく感じる部分があるのですが、
明らかに熱量の違いを感じます。

自分がマーケティングと
商品企画をして作った商品。

そして自分だけの

「完全オリジナルブランド商品」

その商品を国内、海外に展開し
販売していく。

これをイチから作るんですから、
考えただけでワクワクしませんか??

販売しはじめたら国内だけではなく
海外のバイヤーから声がかかったり、
メディアに取り上げられたりも
普通に可能です。

というか、
声がかかるような仕掛けをしているので
世界に販売網を広げることも可能です。

その方法を知りたい方は
コメントかメッセージください。
知りたい方が多ければ
このセミナーやっても良いかな^_^

また話が逸れましたが
要するに、

「愛され商品をイチから作る」のは
転売では味わえない物販の醍醐味を
たくさん味わうことができます。

すべての工程を覚えたら
終わりなきネタ探しの旅とは
サヨナラする事も出来ます。

というわけで、
「商品をイチから作る喜び」を
たくさん実感してしまった私は

今度は簡易OEMではなく、

自分が作りたい商品
自分が届けたい商品
お客様が欲しがっている商品
胸を張って販売できる商品

これらの「愛され商品」を
つくることに注力するようになりました。

ちょっと長くなってしまったので、
また続きは次回にしたいと思います。

次回は、

「転売を続けるべきか、
やめるべきか?」

について、私なりの考えを
お伝えしたいと思います!!