中国輸入⇒Amazon販売 単純転売は稼げない?のか?

スタートはみんな単純転売

中国輸入物販にゼロから取り組む人はまず単純転売からスタートします。

Amazonやヤフオクで売れている中国ノーブランド商品を
タオバオやアリババで探し、利益が出そうだったら仕入れて売る。

同じものを仕入れて売るので「単純転売」と呼ばれています。
そして徐々に売上げが月に10万円⇒50万円⇒100万円と上がっていき、
Amazon販売にも慣れてきます。

他のセラーからの相乗り、価格競争、新規商品のリサーチ、etc
段々と単純転売に限界を感じるようになり
オリジナルブランド商品、OEM商品、ODM商品販売に移行します。

これはAmazon物販の王道の流れだと思うのですが、

単純転売では稼げないのでしょうか?

 

物販の目的は稼ぐこと、

もし目標金額を単純転売でも稼げるなら
それのみでもいいのでは無いでしょうか?

という疑問を持ったので調べてみました。
(私は単純転売オンリーじゃないので^^;)

これはminlogというツールで調べたあるAmazonセラーの売上げ情報です。

3,358,890円!約330万円です。

で、売っている商品を見てみると

※詳細な情報と画像はボカシておきます

中には自社ブランドラベルが付いていてオリジナルブランド商品化
しているものもありました、商標登録は当然しているでしょう。
ですが商品自体はほぼどれもタオバオや
アリババから同じ物を仕入れることのできる商品でした。

利益率に関してもいくつかの商品を調べてみましたが
アリババ 7元≒126円 ⇒ 1,480円 月38,480円売上げ
アリババ 10.5元≒189円 ⇒ 1,780円 月28,480円売上げ
と十分です。

商品数は子バリエーション含め400以上あるみたいですが
在庫管理ツールを使えば問題なく管理できるでしょう。

1種類の商品売上げ平均1万円×商品種類=月合計売上げ

例えば月に2,000円の商品が月に5個売れたら10,000円/月
その商品が300種類あれば300万円/月
という多品種低額少量販売戦略です。

もちろん販売価格もまちまちですし、
中には月に50万円程の売上げになるような
エース商品も出てくるでしょうし売れない商品も出てくるでしょう。

全く売れない商品は省いて新規商品を入れていく
という事はやらなくてはいけませんが
単純転売商品なら次々と見つけられますし仕入れられます。

流石に月商500万円、1000万円を単純転売でとなると
管理が大変になってくるでしょうが
月商300万円レベルなら実例がある、というお話でした。

ここで使ってるツールはminlog(みんログ)
http://minlog.info/
です。
もしご利用になるならこのブログの記事を読んだと伝えて申し込んで下さい。
3,000円のキャッシュバックをminlog運営者がしてくれます。

by taofan